ブログ

当院のスタッフ(看護師・助産師・インストラクターなど)から、皆さんへ ちょっとした豆知識や、
メッセージをお伝えするコーナーです。少しでも皆様のお役に立てれば・・・と始めました。
毎月更新をする予定ですので、時々チェックしてください。

【乳癌検診】乳がん検診を受けようと思っているのですが、マンモグラフィーは痛いと聞いて不安です。(42歳・女性)

乳がん検診は、マンモグラフィー、超音波、視触診などの種類があります。
マンモグラフィーは、乳房を挟むので痛みを生じやすく、
それによって検査を敬遠する人も少なくありません。

若い世代などでは、デンスブレスト(高濃度乳房)
といって乳腺が多く、全体的に真っ白に写し出され、
病変の発見が分かりにくい場合があります。
超音波やMRIは痛みもなくはっきりと写り、
腫瘍が見つかった時も大きさや弾性(硬さ)などを
ある程度推定できます。いずれにしろ、しこりが確認される場合は
細胞診や組織診を行い、詳しく調べていきます。

がんは1年で大きくなります。
日々、乳房などを触りながら、しこりがないか自己検診をすることが大切ですが、
定期的に病院でしっかり診てもらうことで早期発見につながります。

また、身内に乳がんや卵巣がんにかかった人ががいる場合は、
「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」のリスクも高まるので、
若くても積極的に検診を受けることを勧めます。