ブログ

当院のスタッフ(看護師・助産師・インストラクターなど)から、皆さんへ ちょっとした豆知識や、
メッセージをお伝えするコーナーです。少しでも皆様のお役に立てれば・・・と始めました。
毎月更新をする予定ですので、時々チェックしてください。

[子宮頸がん]先日、タレントさ んが 20 代で子宮頸がんに なったという告白を聞い て驚きました。子宮頸が んについて詳しく教えて ください。( 30 歳・主婦)

子宮頸がんの予防接種(ワクチン接種)が副作用の問題
から公的にされなくなり、数年が経ちました。今も任意で
できるものの、実際にはほとんどされていません。
ワクチン接種は本来、中学生、高校生の時期にされる
もので、されないまま成人を迎える人が増えると、今後
若くして子宮頸がんになるケースが増えるのではという
懸念が広がっています。
子宮頸がんは、性行為によって感染するヒトパピローマ
ウイルス(HPV)が主な原因。数年でがんへと進行する
場合があります。ステージ1A期までであれば、外来の
日帰り手術が可能。子宮、卵巣、リンパ系の全摘も免れ、
子どもをつくることもできます。
最近ではステージが進んでも子宮温存手術を行える
医院もありますが、早期発見が大切なのには変わりあり
ません。若くても性行為があればり患リスクはあります。
当院でも16歳で子宮頸がんが見つかったケースがあり
ました。早期発見のためにも、年に一度検診を受ける
ことをお勧めします。