ブログ

当院のスタッフ(看護師・助産師・インストラクターなど)から、皆さんへ ちょっとした豆知識や、
メッセージをお伝えするコーナーです。少しでも皆様のお役に立てれば・・・と始めました。
毎月更新をする予定ですので、時々チェックしてください。

[乳がんリスク検査] 乳がん検診を受け ようと思っているのです が、マンモグラフィーは 痛いので苦手です。ほか の検査法はありますか。 ( 36 歳・主婦)

 岡山市でも補助金のある健康診査が実施されており、
乳がん検診は40歳以上が対象。平成29年度より、視触診と
マンモグラフィーが必須になりました。しかし、相談者の
ように〝痛いので避ける〟という人も少なくありません。
乳がん患者は年々増えており、若年化も進んでいるといわ
れているので、若いうちから検査は受けておきたいものです。
超音波検査と視触診なら痛みもなく、妊娠中も受けられます。
 最近、「乳がんリスク検査」という採血検査が登場し、
当院でも今後導入していきます。これは、乳がん患者に特異
的に反応する数種類のマイクロRNAの解析を行う方法。
A~Eの5段階で判定し、C~E判定の人には精密検査の
実施を推奨しています。あくまでリスク検査ですが、マン
モグラフィーや超音波より早期発見が期待されています。
 検査は保険適用外。当院の場合は2万5000円程度。
実施していない病院もあるので、まずは掛かりつけの先生に
相談してみては。